文鳥の種類を紹介

文鳥ってどんな種類・色の子がいるの?

つぶらな瞳に大きなくちばし、ふわふわの羽に愛らしい鳴き声…手のひらサイズにかわいいが詰まった文鳥たち。

そんな文鳥ですが、よく見る白い子・黒とグレーの子意外にも、実は色々な種類の子が居ます。

9種類の子たちをイラストでご紹介しますので、ぜひお楽しみください。

色合いも少しずつ違ってとても可愛いですよ♪

 

1.ノーマル文鳥

黒・グレーメインにお腹の部分にベージュが入る、オーソドックスな文鳥。

目は黒で、くちばしは赤・アイリングは赤〜ピンク色をしています。

原種の姿に一番近く、最も体が丈夫で育てやすい・初めて文鳥を飼う人におすすめと言われています。

また、1,500円程度〜と比較的安価でお迎えすることが出来ます。

 

2.白文鳥

羽毛は白ですが、大人になってもグレーの羽が少し残る子も居ます。

基本的には換羽(羽が生え替わる)たびに白くなっていきます。

ノーマル文鳥の突然変異で生まれたそうで、愛知県弥富市が発祥の地とされており、白文鳥も体が丈夫な子が多いです。

同じ白い羽毛で目が赤い子が居ますが、こちらは”アルビノ”といってメラニン色素が欠乏しており、体が弱い子が多いと言われています。

一般的に3000円程度でお迎えできる、人気の種類です。

 

3.桜文鳥

ノーマル文鳥に白い羽が入り、桜吹雪のように見えることからこう呼ばれます。また、あごの下部分が白いことも特徴。

模様の出方(白色の入り方)には個体差があり、個性を楽しめます。

一般的に出回っている文鳥で一番多いのがこの桜文鳥で、こちらも体が丈夫な子が多く、初心者に向いているとされています。

また、白色が多くまだらになっている子を”ごま塩”文鳥と呼ぶことがあります。

白文鳥と同じくらいの価格でお迎えできます。

 

4.シルバー文鳥

全体的にグレーの羽毛を持っており、濃いグレーから薄いグレーまで個体差があります。

濃いグレーの子を”ダークシルバー”、薄いグレーの子を”ライトシルバー”文鳥と呼ぶこともあります。

淡いグラデーションでとても綺麗な色合いなので人気がありますが、色素の一部が欠乏しているため、直射日光(紫外線)に弱い傾向があり注意が必要。日光浴は1日10分程度が目安とされています。

1980年代にヨーロッパで固定化された種類ですが、ノーマルや白・桜文鳥と比べると珍しく、お迎え価格も7,000円程度〜と高くなります。

 

5.シナモン文鳥

ブラウン〜ベージュのグラデーションのような色合いの文鳥。色合いが濃い子は”モカブラウン文鳥”と呼ばれることもあります。

1970年代にオランダで作られた品種で、シルバー文鳥と同じく色素が一部欠乏しており、直射日光や紫外線には注意が必要。目が赤っぽいことも特徴のひとつです。

シルバー文鳥と同じくらいの価格でお迎えできます。

 

6.クリーム文鳥

クリームのような、黄みがかったベージュ色の羽毛を持った文鳥です。

シナモン文鳥よりも白い部分が多く、淡い色合いをしており、中には白文鳥と区別が付かないような子も居ます。

1990年代にイギリスで誕生した種類で、珍しいためお迎え価格も平均10,000円程度と高くなります。

 

7.パイド文鳥

定義は曖昧ですが、全体的に白が多い羽毛に、黒い羽毛でまだら模様が入った状態の子を言います。

ごま塩文鳥の白色がさらに増えたイメージで、ノーマルや白・桜文鳥の交配で生まれます。

一般的にはノーマル・白・桜文鳥と同じくらいの価格でお迎えできます。

 

8.アゲイト文鳥

クリーム(ベージュ)とグレー系の色どちらも持っている、非常に珍しい種類の子です。

遺伝的に不安定で体も弱い子が多く、ほとんど出回らないため滅多に見かけることはありません。

色の出方(珍しさ)によってお迎え価格が変わるようですが、希少種のため高いことがほとんどです。

 

9.頬黒文鳥

文鳥は普通目の下(ほっぺに見える部分)が白いのですが、ここが黒く、顔全体が真っ黒な子を頬黒文鳥と言います。

覆面をかぶっているみたいで非常に可愛く、珍しいですが、換羽(生え替わり)とともに白くなっていく子の方が多いようです。

突然変異で表れる種類なので、自宅で孵った雛がこうなることもありえます。

市場に出回ることはあまりありませんが、やはり珍しいのでお迎え価格は高めに設定されています。

いかがでしたでしょうか。

代表的な9種類を紹介しましたが、細かく分類するともっとたくさんの種類や色合いに分かれます。

白文鳥や桜文鳥だけではなく、色々な種類・色合いの子がいるのだと、楽しく見ていただけましたら幸いです。

※個体差があるため、イラストはあくまでイメージです。この分類に当てはまらない子・微妙に違う子もたくさんいます

※イラストで表しやすいよう、多少デフォルメしています(例:アイリングを描いていない)

あくまでイメージを掴むため・色々な子が居るのだと楽しむためにご覧頂けますよう、よろしくお願いいたします。

 




2018-05-31 | Posted in 文鳥のことNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment



AD