本・イベント等紹介とレビュー

書籍レビュー:文鳥との暮らし方がわかる本

書籍「文鳥との暮らし方がわかる本」の感想などを書かせていただきます。

少し前に発売された本なのですが、今読んでも損はなくおすすめしたいものなので、気になっている方は是非参考にしてみてくださいね。

基本情報

created by Rinker
¥1,430
(2021/01/24 20:45:16時点 楽天市場調べ-詳細)

  • 単行本: 128ページ
  • 出版社: 日東書院本社
  • 発売日:2016/9/21

はじめてでも大丈夫! 楽しく、長く一緒に暮らすためのノウハウが満載。文鳥の基本から出会い、気持ち、遊び方、しつけ方までこの一冊でまるわかりです。

【主な内容】
・文鳥を知ろう
・文鳥をお迎えするための準備
・文鳥の健康管理と病気
・文鳥あるある
・文鳥とのコミュニケーション
・文鳥をかわいく撮ろう
・文鳥 Q&A ほか

出典:amazon

鳥飼い&文鳥飼いとして有名な伊藤美代子氏監修、医学監修 は松岡 滋氏(あず小鳥の診療所院長)でとても充実した内容。

発売されてから数年経過していますが、現在も色あせない内容で読む価値ありの一冊です。

内容充実・文鳥初心者にもお勧めしたい本

文鳥ってどんな生き物?特徴や品種・性格と言った基本的なことから、実際に買う準備・一緒に暮らすためのこと・病気のことまで役に立つ情報が盛り沢山。

“読めば文鳥が飼いたくなる”と表紙に書かれていますが、まさにその通りで文鳥の魅力と情報の詰まった一冊です。

初めてお迎えする際に必要なもの、いつどのようにお迎えしたらいいかなども書かれていますので、初めて文鳥をお迎えする方にもぴったり。

一冊目の飼育書としても、ある程度文鳥との生活に慣れた方が情報を求めて買うにも後悔しない、疑問や不安が解消される本だと思います。

イラスト目当てで買う価値もあり

この本は文鳥の絵を描くことで有名なイラストレーターamycco.さんが挿絵を担当されています。

やはり可愛さは随一、内容に合ったイラストで分かりやすいのはもちろん、イラストを見ているだけでも癒されます。

いつかは本の内容が古くなる時が来ると思いますが、そうなったとしても文鳥のイラスト&写真集として取っておきたい可愛さなので、今からでも購入して損はないと思いますよ。

文鳥を可愛く撮る方法など、楽しいページも◎

飼育書として役に立つ情報の他に、文鳥グッズのこと・文鳥の写真の撮り方・文鳥あるあるなど、文鳥との生活を楽しむためのちょっとしたページも設けられています。

これらが意外とためになったり、写真が可愛かったりと とても楽しめます。

購入した際には隅々まで読んで楽しんでくださいね。

写真の扱いが…気になる!

この本、内容が素晴らしくイラストも可愛く、総じてとてもお勧めなのですが、写真の扱いだけがどうしても気になります。

このように、すごく適当に切り抜いてある所が多いのです…色や画像も良くないものが多い印象。

これは私がデザイナーとかをしているからで、もしかすると他の方は気にならないのかも知れませんが…とてももったいない!

確かに文鳥の輪郭に沿って切り抜くのは手間でしょう。でもこれでは手抜き感が否めずページにも馴染んでおらず、違和感がすごいです。

これならいっそ丸や四角に切り抜いたり、白い太枠線を付けたりしてちゃんと統一した方が良かったと思います。

写真が全部かわいいだけにもったいない…何度も読み返している本なのですが、この部分が気になって仕方がないので残念です。

でも逆に言えば気になるのはこれだけ、本当にお勧めの本ですよ!

まだまだ内容も色あせていないので、機会があればぜひ手にとって見てみてくださいね。

created by Rinker
¥1,430
(2021/01/24 20:45:16時点 楽天市場調べ-詳細)