文鳥と暮らす

文鳥にかかる費用はいくら? お迎えから食費・病院代など

ペットをお迎えすると言うことは、その生活と生涯に責任を持つと言うこと。

与えてくれる癒やしや充実感はお金には換えられませんが、一緒に暮らしていればどんな小さな動物だって生活費がかかります。

思っていたより安かったり高かったり、人とは違う部分でお金がかかったり…そんな文鳥との暮らしにかかる費用を知っておき、最後まで責任を持って一緒に暮らせるように計画を立てていきましょう。

文鳥のお迎え〜日々の生活でかかる費用

文鳥の値段・お迎え時の初期費用

文鳥の値段は種類によって違いますが、一般的な白文鳥・桜文鳥をペットショップからお迎えする場合、2,000円〜4,000円程度が一般的です。

珍しいカラーの個体ほどお迎え価格が高くなります。

初めて文鳥をお迎えする場合、ケージ(鳥カゴ)やペットヒーターなど身の回りの物から餌まですべて揃えるのに、別途10,000円程度は必要です。

日々の食事代

文鳥の食費は1羽の場合 1ヶ月300〜500円程度が一般的です。

内容は主食のシードかペレット・栄養補助食品・青菜や野菜・果物・粟穂やおやつ類など ですが、1羽が食べる量はとても少ないので食費は安いと言えます。

★文鳥デイズ家の食費(4羽分)

我が家では4羽で 1ヶ月1,500円程度です。主食のペレットと青菜は毎日、粟穂や野菜・果物などのおやつを少しという内訳。ペレットなので普段栄養補助食品はあげていません。

生活費

ヒーターや保温器具類を使うための電気代月に数百円かかります。

夏は外出時もエアコンをつけてあげる家庭も多いと思いますので、その分も上乗せされると考えましょう。

おもちゃなどの購入代

物や購入数によりかなり差があるので平均は出せませんが、文鳥が使うようなおもちゃやブランコはどれも一つ数百円程度です。

バードアスレチックのような大型の物になると数千円〜になりますが必需品では無いので、おもちゃは全く買わないという家庭もあるようです。

病気や体調不良時にかかる医療費用

ペットは任意でペット保険に入っていない限り、治療に保険がきかず全額負担になります。

一生で全く病院にかからない子も居ますが、病院にかかる場合は高額になることが多いと覚悟しておき、計画を立てておく必要があります。

健康診断の費用

3,000〜4,000円程度が多く、目視・触診・そのうと糞尿の検査などが一般的です。内容により大きく値段が変わる事があります。

治療費・入院費

文鳥が病気で入院する場合、1泊10,000円程度は最低でも見ておいた方がいいでしょう。

入院の基礎費用+治療費(点滴・給餌・診察など)の費用がかかりますので、数千円で収まることの方が珍しいです。

また、レントゲンや腫瘍などの特別な治療・手術など、人間でも高額になりやすい治療費は文鳥だとより高額だと思っておきましょう。

基本的に保険がきかないので人間の何倍もかかります。

長期間通院したり手術や特別な治療を受けた場合、数十万〜百万円単位になることもあり得ますので、日ごろから文鳥貯金をしたりペット保険を検討するのも手です。

こちらに我が家の文鳥が入院・治療した際の実際の金額を載せています↓

同じ内容でも病院によって費用が違いますので、気になる際は遠慮無く聞いてみましょう。

イレギュラーな出費

普段健康な文鳥はあまりお金がかかりませんが、予想外の出費が発生することもありますので、こんなこともあると頭に入れておきましょう。

ホテル代

旅行や仕事で何日か家を空ける場合など、文鳥の面倒を見てくれる人が居ない場合はペットホテルに預けることになります。

費用は500円〜数千円まで幅がありますが、そもそも犬や猫に比べると鳥を預かってくれる所は少ないので、事前にしっかりリサーチしておきましょう。

交通費

通院している病院が遠い場合や、ペットホテルが近くに無い場合、救急でタクシーを使う場合など、意外なところで交通費がかかることがあります。

修理費

文鳥がパソコンに糞をして壊れてしまい、修理代に10万円かかったというお宅も…!

その他にも水浴びの水滴がかかったり、餌が入り込んだり、衣服の繊維を引っ張ってダメにしてしまったり…思わぬ修理代や買い直し費用かかったという話もたくさんあります。

これらは飼い主が防げることで、中には文鳥にとって危ないこともありますので、自分のためにも文鳥のためにも注意して対策を取るようにしましょう。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は C0BF4414-79B5-4529-A3A4-E639BA669664.jpeg です

文鳥はお迎え費用も普段もあまりお金がかからない分、安易にお迎えされてしまう場合もありますが、人とは違った部分で高額なお金がかかることも。

そんな時も出来るだけのことをしてあげ、最後まで責任を持って一緒に暮らすために、文鳥にかかる費用を知っておき、計画を立てておくことが大切です。

かけがえのない時間を与えてくれる彼らに、私たちも出来るだけのことをしてあげましょう。

※この記事は管理人の経験及び参考書籍を元に作製しています。

参考書籍